動画配信サービス

VOD(動画配信サービス)とは?サービス内容と種類を徹底解説

動画配信サービス解説

近年増え続けているVOD(動画配信サービス)。

家にいながら気軽に動画を見られて便利なイメージがありますが、そもそもどんなサービス内容なのか、どんなことができるのか、よくわからないことも多いですよね。

でも、それぞれのサイトのサービス内容を比較するのもめんどくさい・・・そんな方に向けて、VODを徹底解説します♪

VOD(動画配信サービス)の種類によっては、動画以外に書籍や漫画を楽しめたり、お買い物を楽しめるものもあるんですよ!

この記事を読めば、VODってそもそもなんなのか、どんな種類があるのか?など全てがわかります!

徹底解説を是非ご覧になって、疑問を解決しちゃいましょう♪

VOD(動画配信サービス)とはお得に動画を視聴できるサービス

VOD(動画配信サービス)とは、視聴者が見たい時に色々な動画を見ることができるサービスのことです。

配信されるものは主にこちらです。

  • 公開済みの映画
  • 放送済みのドラマ
  • オリジナル作品

ジャンルは国内ドラマから海外作品、さらにはアニメやスポーツなど多岐にわたります。

この項目では、「必要な機器」「VODの種類について」「主要のVOD」「選択のポイント」を一覧にします。

分かりやすいように比較表にしましたので参考にしてくださいね♪

VODを利用するために必要なもの

VODを利用するには、特別な機械は必要ありません。

  • スマートフォン
  • インターネット環境

これだけあればOKです。

支払い方法は「クレジットカード」がおすすめ。ほとんどのVODで対応しているよ♪

しかし、通信量が気になったり、大画面で見たいなどそれぞれの動画の楽しみ方がありますよね。

その際は、通信量が使い放題のサービスに加入したり、家のWi-Fi環境を利用したりする方法もあります。

私個人としては、動画を視聴するには莫大の通信量がかかりますので、自宅のインターネット環境はあった方がいいかな、と思います。

VODの種類

VODの種類は4つあります。

まずはその種類について簡単に説明しますね。

説明
AVOD 広告を見ると無料で動画が見られる Youtube・TVerなど
EST インターネット上でコンテンツを購入する iTunes・GooglePlayなど
SVOD 定額料金を支払い、無制限で動画を見られる U-NEXT・Hulu・FODなど
TVOD インターネット上で動画をレンタルし、一定期間視聴できる TSUTAYA TVなど

最近よく耳にする「動画が見放題」などの謳い文句で宣伝しているVODは、SVODに当たります。

SVODの中でも、U-NEXTやFODなどでは、最新作や人気作、ディズニー作品などはレンタル作品として配信しており、全ての動画が見放題ではない場合もあります

Amazonプライムビデオなどのインターネットショッピングにも精通しているVODは、レンタルではなく購入できる場合もあります。

最近のVODはどの種類かしっかり分けられておらず、色々な要素を取り入れ他のサービスと差別化を図っているサービスが多いです。

意外にも種類が多くてびっくりしますよね!

一言で説明すると「VOD=月額料金を支払い、定額で沢山の動画を見られる」というサービスになります。

まずはここだけわかっていただければOKです♪

どのサービスも「なんとなく」の知識でもしっかり利用できるようになっています

初心者の方にも簡単に使えますので安心してくださいね!

主要VOD一覧

ここでは簡単に、主要のVODを一覧にします。

月額料金 特徴
U-NEXT 1,990円(税抜) 18万本以上の動画が見放題
Hulu 933円(税抜) 日テレ系ドラマ見放題・海外ドラマに強い
FODプレミアム 888円(税抜) フジテレビ系動画が見放題・雑誌読み放題
Paravi 1,017円(税抜) 国内ドラマ配信本数は国内最大級
テラサ 562円(税抜) テレ朝系ドラマが見られる
dTV 500円(税抜) 20万本の動画を配信
dアニメストア 400円(税抜) アニメ専用のVOD
Amazonプライムビデオ 408円(税抜) トレンドに強い
Netflix 800円(税抜) オリジナルドラマが面白い
TSUTAYA TV 933円(税抜) 宅配レンタルも利用できる・通信量が気になる人はおすすめ
music.jp 1,780円(税抜) 都度課金制
アベマプレミアム 960円(税抜) スポーツ好きに楽しいコンテンツがある
ディズニープラス 700円(税抜) ディズニー専門のVOD

主なVODは以上です。

CMやインターネット広告などで、聞いたことのあるサービスが多いのではないでしょうか。

おうち時間が長くなってきた関係もあって、VODの需要はますます高まるばかりです。

VODを利用して是非楽しい動画ライフを送ってくださいね♪

VODを選択するポイント

VODは沢山ありすぎて、どれを選んだらいいのかわかりませんよね。

VODを選択するためのポイントを紹介します。

少しでも参考になれば嬉しいです♪

VODを選択するためのポイントは3つ。
  • コストパフォーマンス
  • 動画配信本数はどのくらい?
  • 見たい動画が見られるか

これらをメインにチェックすると、失敗なくVODを選択できると思います。

これら3つを比べても決めかねるという時は、各VODの差別化ポイントをチェックしてみましょう♪

VODをそれぞれ比較し、おすすめをランキング形式でご紹介しましたのでこちらの記事を参考にしてみてください♪

VOD(動画配信サービス)を利用するメリットデメリット

VODを利用したらどんな生活になるかな?
メリット
  • いつでも動画を楽しめる
  • 広告なしで高画質の動画が見られる
  • 家にいながら沢山の動画を楽しめる

デメリット
  • 料金がかかる

デメリットは、多かれ少なかれ料金がかかるということしかないと思います。

私はそんなに映画のレンタルはほとんどしていませんでしたが、VODを契約してからは月10本近くの映画を見ています。

見放題動画であれば何本見ても追加料金はかからないので、ちょっとでも気になる動画があれば、気軽に見る事ができます!

少し見て面白くなかったら止めてしまっても損することはないんですよね♪

返却期限を気にしなくてもいいところも嬉しいポイントです。

以前より気軽に動画が見られますし、意外に面白かった名作に巡り合う事ができたり、生活が数段グレードアップしました♪

VOD(動画配信サービス)をもっと楽しむためにオススメのアイテム

スマホやタブレットでも楽しめるけど、せっかくなら大画面で楽しみたいよね!

大画面で楽しめるおすすめのアイテムをご紹介します♪

スマートテレビ

VIERAやBRAVIA、AQUOSなどインターネットに接続できるテレビをお持ちの方は、スマートフォンやパソコンだけでなく、テレビでも視聴できます。

操作は簡単で、テレビをインターネットに接続し、ログインするだけでOK!

簡単にテレビでVODを楽しむことができます。

音響や照明にもこだわれば、おうちシアターの出来上がり♪

VODによっては4Kに対応しているものもあるので、大迫力で楽しめそうですね!

全てのスマートテレビが全てのVODに対応しているわけではないので、今後購入される方はどのVODが利用できるのかチェックしてみてくださいね!

Fire TV Stick

価格 約5,000円程度(価格変動あり)
使用方法 テレビに差し込みインターネットに接続

テレビについているHDMI端子に差し込むだけで、簡単にVODを見ることができる優れものです♪

価格も5,000円程度と安く、リモコンの操作性もばっちり!

アプリをダウンロードしてアカウントにログインするだけで簡単に見られるので、機械操作が苦手な方やお子様でも簡単に利用できます

対応プロジェクターに限りますが、Fire TV Stickを差し込んで映し出すこともできるものもあります!

テレビで見たり、プロジェクターで視聴したり・・・VODを楽しむ幅が広がりますよね。

おうち時間でなかなか外に出られない今、Fire TV Stickはかなりオススメです!

TVerやYoutubeなど無料のVODも利用できますので、持っていて損することはありませんよ♪

VOD(動画配信サービス)を利用して生活をグレードアップしよう

VODを契約したら、いいことばっかり!
VODとは
  • VODには種類があるが、基本は月額制
  • 料金を支払えば対象作品が見放題になる
  • 過去の名作から最新作まで思いっきり楽しめる

VODを思いっきり楽しんで生活の楽しみを増やしてくださいね♪